怪しい?VSEOオンラインアカデミーが注目される理由

怪しい?VSEOオンラインアカデミーが注目される理由

そもそもVSEOオンラインアカデミーとは何を教えているところなのか?そこから説明していきたいと思います。一言で言いますとVSEOマーケターを育成する学校です。

ではそのVSEOマーケターとは一体どんな仕事なのか紹介したいと思います。

動画投稿サイトは供給過多?

私には娘がいるので、よくユーチューブを娘が見ています。そこで登場するのはヒカキンさんを筆頭とする元祖ユーチューバー、それに加えて芸能人やモデル、お笑い芸人たちが続々とユーチューブに代表されるような動画投稿サイトに参入してきています。これはどうしてなのでしょうか?

はっきり言ってしまうと儲かるからです。数字でその理由を説明します。

近年、動画広告市場は拡大し続け、2019年には2,592億円、2020年には3,289億円という巨大なマーケットとなっています。

このままいけば2023年には5,065億円というかつてないほどのスピードで市場は成長するといわれています。

こんな美味しい市場に乗り込まないほうがおかしいということです。ただし簡単に稼げるのかというとそんなことはありません。知名度のある方に勝負を挑んでも負けますし、絶対的な地位を築いているトップユーチューバーに勝つのも難しいです。それなのに続々と稼ぎたいと動画投稿者になる方はあとを絶えません。

供給過多になりすぎてしまってはっきり言って並大抵のことでは稼げないのが現状です。

VSEOマーケターの考え方

ここで登場するのはVSEOオンラインアカデミーで勉強した知識を元に戦うVSEOマーケターの存在です。

VSEOマーケターとはどんな仕事なのか?ご紹介します。これも一言で言いますと今までとは違ったアプローチで動画投稿サイトに動画を投稿して広告収入を得る仕事です。

では今まで違ったアプローチとはどういうことを指すのでしょうか。先程、説明した通りに動画投稿サイトはまさに供給過多になっています。ただし、それは好きなことを投稿してそれで再生回数を狙うという手法だからです。

この技術を「VSEO1.0」と呼びます。

VSEOマーケターはそれとは違い分析、マーケティングを駆使してチャンスのある動画ジャンルに投稿していくという考え方になります。

この技術を「VSEO2.0」と呼びます。

そのため余計な戦いをしないで必要とされているけど未開拓の分野に動画投稿をするので、広告収入が圧倒的に得られやすくなります。動画ありきのモデルではなく市場ありきのモデルということですね。

これは動画投稿サイトの本場アメリカでは当たり前の考え方になりつつありますが、日本ではまだ知られていないことです。この知識を元に稼ぐのがVSEOマーケターです。

TOPページを見る